薬剤師の求人を専門のサイトで探した

初任給はなんと25万!

担任の先生のすすめで薬学部へ進学することに初任給はなんと25万!転職ビギナーの自分には心強かった薬剤師専門のコンサルタント

大学では地元の公立大学に進み、薬学部で勉強をし始めました。
自分でも好きなジャンルの勉強になっていたのですが、薬学部の場合は実習や実験があったので、それが少し大変でした。
時間的にも拘束されることも多かったですし、常に国家試験のことを意識する必要がありました。
そして卒業時受けた国家試験で無事に合格できて、私は薬剤師になることができたのです。
体育会系で人に対してもてきぱきと話をしたりすることができるタイプだったので、この仕事はとても私には向いていると思いました。
調剤をしてから患者さんに薬の説明や指導をしていくというのはとてもやりがいがあると思ったのです。
そして何よりも給与が良かったので満足感がありました。
私の初任給は25万円であって、他の文系の友達よりもずっと良かったのです。
その後も10年ほどは自分の待遇に満足をしていました。
しかし、12年ほどが経ち、徐々に昇給の幅が狭くなってきて、自分のモチベーションを上げていた給与が上がらなくなってきたのです。
一方でほかの求人などを見ていてもより良い条件のところを見つけることができました。
自分の職場については給与以外は満足はしていたのですが、ある程度の水準に達したらそのまま昇給が止まってしまうこともわかっていたのです。